Interview

先輩社員紹介
用地測量担当

調査部

用地測量担当

2013年入社 Interview 01

仕事内容
JOB DESCRIPTION

仕事内容

最新機器による速やかな測量に努めています。

公共事業に伴い土地の買収や建物の移転が生じた場合の用地測量、県内でもまだ数社しか持たないドローン搭載型レーザースキャナーを用いた測量などを行っています。ほかの業務に先立つ用地測量は、その後の事業の進捗に大きく関わるため、常にテキパキと滞りなく行うことが求められます。責任重大ではありますが、とてもやりがいのある仕事だと感じています。また、新しいものへの反応が速いのは当社の魅力。そのため常に最新の機器や技術に触れることができるし、それは作業の効率化にもつながっていて実に有意義だと思います。

REWARDING

仕事のやりがいや目標

自分の仕事が役立っているという実感。

測量した場所に、着々と道路や河川設備ができあがっていく様子を見ると、自分がその始まりに携わったんだという実感がわいて喜びを感じます。また用地測量の場合、土地の所有者に説明を尽くして図面に押印してもらわなくてはなりません。それまでコツコツと信頼関係を築くのは大変ですが、納得してもらえたときは安堵感と達成感を得られます。
現在、有する資格は測量士。今後は補償業務管理士を取得し、管理技術者として仕事にあたることが目標です。勉強と現場経験を重ねながらそのための力を蓄えたいですね。

仕事のやりがいや目標
河川設計担当

調査部

河川設計担当

2017年入社 Interview 02

仕事内容
JOB DESCRIPTION

仕事内容

CIMプロジェクトの一員として3D設計も担当。

設計担当として、図面や数量計算書といった工事発注用資料、発注者とやりとりするための協議資料などを作成するのが主な仕事です。必要に応じて現地調査にも出向きますが、やはり中心となるのはパソコンでの作業ですね。
また、ICT技術を活用して業務の効率化や品質の向上を目指す「CIMプロジェクト」の一員として、三次元CADでの設計も担当。その図面を協議用資料に使うことが多いのですが、発注者から「これは分かりやすくていいね」と評価されるとうれしくなります。

REWARDING

仕事のやりがいや目標

地域の人に利用されて初めて喜びを感じます。

同じ現場は二つとないため、常に柔軟な姿勢を問われる仕事です。でも図面上にしかなかったものが実際の構造物となり、完成したときの達成感は数々の苦労も吹き飛ぶほど。そして、それを地域の人たちが実際に利用しているのを見たときに、この仕事に就いて良かったと実感します。道路なら自分でも通ってみたり、友人に自慢することもありますね。
目標は技術士の資格を取ること。それを目指す過程で、技術士補をはじめとした類する資格にもトライし、業務の幅を広げて大きな仕事にも携わりたいと思っています。

仕事のやりがいや目標
道路設計担当

設計部

道路設計担当

2019年入社 Interview 03

仕事内容
JOB DESCRIPTION

仕事内容

道路や用排水路を設計しています。

大学では土木工学を学びました。授業で図面を描くうちに、こういう仕事に就きたいと思うようになり当社へ。現在は設計部に所属し、メインである道路をはじめ、用排水路や揚水機場などの設計業務を担当しています。
新潟県全域をテリトリーとし、地元に密着している点が当社の強み。また調査測量も自社で行うため、設計の段階で疑問が生じても社内ですぐに確認できるのはやりやすさにつながっています。業務を滞りなく進行できる環境こそ、何よりのメリットではないでしょうか。

REWARDING

仕事のやりがいや目標

高度な専門知識と経験が備わった技術士に。

この仕事の面白みは、図面に描いたものが形になること。初めて深く携わった現場に出向いたとき、自分の設計したものがこんなふうにつくられるんだ!と感銘を受けたのを覚えています。入社当初は専門用語さえ理解できませんでしたが、分からなかったことが分かるようになると自分の成長を実感できるし、一つの仕事をやりきったという体験は次の仕事のモチベーションにもつながります。
今後の目標は技術士の資格取得。高い専門知識と確かな経験を備えた土木技術者として活躍することです。

仕事のやりがいや目標